就業規則作成 コンサルティング

当事務所へ依頼することのメリット

メリット1.医療機関に特化した就業規則の作成

これまで医療業界に携わってきたキャリアがあります。
中でも20人未満のクリニックにおいて院長との打ち合わせを通して、院長の目指す組織(クレド)
規程に落とし込み作成することを得意としています。
また、現場で運用しなければ意味がありません。現場で運用することを前提とし、規定を1から設計
します。

メリット2.クリニックに最適な仕組み作り
 
院長が経営者の立場で医療専門職スタッフを取り扱うことに常に困難が付きまといます。
 ある院長は、「勤務医時代は、既に仕組みがあったから何も困らなかったけど、今は自分のクリニック
に仕組みがなく、特にスタッフの管理は難しい。」とおっしゃっていました。
私は、今まで数多くのクリニックの経営相談や仕組み作りに携わってきました。
その経験をもとにどのような規定を作れば、スタッフの管理が円滑にいくのか把握しています。
また、トラブルの原因になりやすいスタッフに対する服務規程を作り、無用なトラブルを未然に防いでいきます。
 
メリット3.キャンセル可能
こちらに依頼した日から起算して30日以内であれば、キャンセルが可能です。
もちろんキャンセルの理由は一切問いません。
安心してご相談ください。
 
 
 
  職員がインフルエンザにかかったら? vol2

先日、ある医院の先生からご相談がありました。

「ご質問がございます。季節性インフルエンザに罹った職員に熱が下がった後も2日間は自宅待機
とさせております。 この場合、休んだ期間を有給休暇とすれば問題ないと思いますが。仮に有給がな
い場合(全て取得した後、入社6ヶ月未満)などは欠勤扱いになりますか?。特に熱が下がった後の2
日間は…
                                                ・ ・ ・ ・ 続きはこちら

 
  マイナンバーの流れ

Q何のためにマイナンバーを導入するのか?  
Qどういうときにマイナンバーを使うのか?  

 
                                                      ・ ・ ・ ・ 続きはこちら
 

  有給休暇を何とかしたい

先日、歯科クリニックの院長と打ち合わせをしていると
「職員が退職時にまとめて有給休暇を取得して辞めるんだが、何とかしたい。
 権利だから、仕方ないのかもしれんが、引継ぎが十分できなくて迷惑してるんだよ。」
特に有資格者が退職するケースでは、代わりの人が見つからなくて現場が混乱していることは
よくあります。 院長が感情的になるのも当然といえば当然です。今までいろいろ世話してきた
つもりなのに、辞める時は権利の主張してあとは知りませんという態度なわけですから。そこで…

「院長、1ついい方法がありますよ」
                                              ‥‥続きはこちら

  育児介護休業規定の作り方

2月6日10:00から約1時間ほど 広島市中区上八丁堀の労働基準監督署内にて
育児介護休業の監査がありました。
クライアントが監査対象となっていたので私も同席して参加してきました。
育児介護休業規定のポイントは次の通りです。


                                              ‥‥続きはこちら

  職員がインフルエンザにかかったら?

先日、ある医院の先生からご相談がありました。

「先日、職員がインフルエンザにかかり、自主的に休みましたが、私自身もインフルエンザ
にかかり2日間ほど休診しました。 職員の給与の扱いをどのようにしたらよいのでしょうか?
今回の件はワクチンを接種するよう言っていなかった僕の方に責任があると思いますし、
職員Aさんが38.5℃の熱があると報告を受けながら、本人が気合でがんばりますと言うので、
それに甘えて勤務させた自分に責任があると思いますので、今後はこういう事のない様に、
対応していきたいと思いますが‥」

                                                ‥‥続きはこちら

 



  就業規則の作る理由

就業規則をなぜ作成しなければいけないのでしょうか?
法律では、常時雇用する職員の数が10人以上の時に作成しなければならないと定めてあります。
法律で定めてあるから作成しなければいけないのでしょうか?
答えはNOです。
職員と賞与の支給額でトラブルになったケースがあります。
入社前と条件が違うと主張しており、基本給×2ヵ月分ついていないと激怒していた場合どうしますか?

                                                 ‥‥続きはこちら












 

 

 問い合わせ

お気軽にご連絡ください。
メールでのご相談は
こちら
対応エリア:広島市、東広島市、安芸区、その周辺エリア


 小冊子 無料プレゼント中




社会保険労務士が本当は教えたくなかった就業規則の作り方』

※広島県内に本社のある企業様、医療機関の担当者様限定に就業規則作成の参考となる小冊子を郵送にて無料進呈します!毎月1社まで

 
→お申し込みはこちら