広島・東広島の助成金コンサルに特化した坪島経営労務事務所(社会保険労務士)のご案内 事務所概要・所在地地図  経営理念

問い合わせ 平日受付9:00~18:00    082-430-8233
メールのお問い合わせはこちら 
 
セミナー開催
  3/11広島市セミナー       
 ごあいさつ
広島・東広島の中小企業経営者のための助成金申請のご提案
  
私は、助成金コンサルタント 特定社会保険労務士の坪島栄太と申します。東広島で社会保険労務士として活動しています。主に、広島市・東広島市周辺の中小企業様を対象に、助成金のコンサルティング(受給可能診断や申請手続きなど)をしています。資金調達の一環として助成金活用をぜひご検討ください。助成金申請をしてきて10年目になります。その中でさまざまな助成金を申請してきました。たとえば、 ⇒続きはこちら
 
助成金って何?
厚生労働省で取り扱っている支援金・奨励金のことを助成金と呼んでいます。助成金は要件さえ満たせばどんな中小企業(個人事業主も可)でももらうことができます。しかも、返済不要です。融資とは異なり、返済が不要というところが会社にとって大きなメリットです。さらに、その助成金の使いみちは自由です。資金繰りにまわしても、設備投資に使ってもOKです。ただ、何もしなくても勝手に会社の口座に助成金が振り込まれるわけではありません。助成金は、主に雇用に関するときに活用できます。例えば、従業員の雇入れをしたときや教育をしたとき、福利厚生を充実させたときなど、一定の要件に該当したとき、決められた期限までに書類を作成して所定の機関に申請すると支給されます。ただし、期限に間に合わなかったり、書類に不備があると助成金をもらえません。

 コンサルサービスメニュー
 助成金は成功報酬制です。着手金は0円です。
 
 助成金のご案内

 パートや契約社員、派遣社員を正社員化するともらえる助成金はこちら
 教育訓練や研修を正社員に実施するともらえる助成金はこちら    
 人事評価制度や賃金等級表を整備し運用するともらえる助成金はこちら
 男性社員が育児休業を5日取得すると受給できる助成金はこちら   
 職場の定着率が良くなる制度導入(健康診断+α)を行ったとき受給できる助成金はこちら
 
 
 最新業務実績紹介
人材開発支援助成金(特定訓練コース、一般訓練コース)
キャリアアップ助成金(正社員化コース)
職場定着支援助成金
65歳超雇用推進助成金
特定就職困難者コース
育児休業等支援コース
 

 業務実績1
 助成金申請  A歯科医院(職員数18名)からのご依頼 広島市
(Before)      
 院長は、歯科スタッフにマーケティングスキルを活かした研修を実施したいと考えていました。そこで私に連絡があり、何かありますか?と相談を受け、研修・教育関連の助成金を提案しました。  

(After)  
  
 この助成金は、研修が正社員のスキル向上に繋がるか否かポイントとなっていて、書類を全部揃えて提出しても却下されることもあります。そこで書類作成前に事前に窓口で今回申請する研修のカリキュラムと主旨を伝え、申請が通る可能性が高いことを確認してから手続きをしています。お陰で初回申請は通り、院長から助成金の受理通知書が届いたと喜びの連絡をいただいております。


業務実績2
 残業問題  H病院(職員数580名)からのご依頼 広島
(Before) 
  年間通して病院内のある部署は業務の繁閑が激しく、残業時間数が多く事務長は悩んでいました。事務長と理事長から相談を受け、残業時間数削減の業務を受託しました。特に繁忙期の残業時間数は、47時間、62時間と平均50時間前後の残業時間数が常態化していました。 特に長時間残業は、うつ病に繋がりやすく(月80時間を超えると労災認定される可能性があります)、メンタルヘルス対策の一環で取り組むことにしました。
 
(After)  
  病院のカレンダーを見ながら業務の繁閑の時期、就業規則の内容を確認しました。その後、あるシステムを企画し、事務長と理事長に提案したところ、ぜひその案で進めて欲しいと回答がありました。そして資料を準備して、対象従業員を集め説明会をしました。その結果、システムの採用が決定しました。繁忙時期で10時間、27時間、17時間と平均20時前後の残業時間数まで減少に成功しました。つまり月平均30時間近くの残業時間数削減に成功しました。(金額にすると月100万円程度の削減です。)なお、依頼のケースでは、残業代削減が目的ではなく、残業時間数削減が目的である為、削減した残業代は従業員に還元する予定です。
 
 坪島経営労務事務所が支持される5つの理由
1.中小企業の助成金に特化したサービスの提供…当事務所は助成金に特化しキャリアがあります。    
 
2.経営者目線に合わせた助成金の提案…経営者が目指す組織の仕組に合う助成金を提案しています


3.経営者・担当者からの質問には、その日のうちに回答します(スピード即対応)…都度対応 院長から相談のメールがあった場合、原則その日のうちに返事をします。そのため、お客さんからは、すぐに返事があるので安心だという声をいただいています。また、私は助成金をこれまで10年近く手続しているのでコツをつかんでいます。また、担当者とも複数回会っている(10回以上のケースもあります)ので話が早くスピーディーに手続きが完了します。


4.不安を感じさせない感謝レベルのサービス…質の高いサービスを提供し続けます。
 
現在、助成金申請に対する受給率は100%です。

5.安心の30日以内返金保証制度…返金保証があるので気軽にご相談ください。
※助成金は原則成功報酬です。着手金はいただいておりません。
実際に商品をネットで購入したが、イメージと違ったという経験はございませんか? 当事務所では、依頼したがちょっと違うと感じたら30日以内であれば、解約可能です。ぜひ気軽にご相談ください。

 当事務所に依頼されたお客様の声
 
助成金申請:医療法人社団 ヤマナ会 東広島記念病院 K・H様  http://www.hmh.or.jp/ (東広島市 西条 )従業員数150名 Q1.社会保険労務士坪島にどの助成金手続きを依頼しましたか? A. 特定求職者雇用開発助成金 ⇒続きはこちら  

I歯科医院
  担当 院長I様  (従業員数15名) 東広島市
Q1.社会保険労務士坪島に依頼する前にどのようなことで悩んでいましたか? A. 就業規則には謳っておきながら運用できていなかった規律の施行。 増大する残業時間と有給消化に伴う人件費の増加。医院を安定させたいと思う院長とスタッフの思想の溝。 ⇒続きはこちら  

医療法人社団 S  担当 院長Y・S様  (従業員数22名)廿日市市  
Q1.社会保険労務士坪島に依頼する前にどのようなことで悩んでいましたか? A. 医療法人社団の就業規則を作成したい。 法人化前に作成した就業規則を引き続き使用しているため、その改定作業を行いたい。その際に賃金規定の見直しを行い、その改定作業を行いたい。 ⇒続きはこちら   
 
A歯科医院 院長  K様(従業員 25名)  感謝メール
今日は、当医院まで足を運んで頂き、また、私を含めスタッフとの面談をして頂き、大変ありがとうございました。最初の説明では、導入から上手く話を進めて頂き、スタッフもすんなりと、内容を受け入れられたと思います。また、個人面談でも大変よいアドバイスをして頂けて、感謝しております。今後もご相談したい事が出てくると思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

 
 助成金相談及び申請の流れ

(STEP1)無料相談申込によりメールをする。 メールによる相談はこちら 

(STEP2)アポイント
面談日時、場所をメールにて決定します。 当事務所スタッフが訪問し、助成金受給のための書類(就業規則、労働条件通知書など)が揃っているかどうかを確認します。それから会社がどの助成金をもらえる可能性が高いか診断します。助成金をもらうためには会社がどの助成金に該当しているかどうか確認しなければなりません。助成金専門社会保険労務士が丁寧にアドバイスをします。見積書も提示いたします。見積書をご確認の上、ご検討ください。 助成金は原則着手金0円です。もちろんお断りいただいて結構です。こちらからその理由をお聞きすることはありません。 ご安心ください。

(STEP3)必要書類の準備
お客様にとって負担となる助成金用の支給申請書作成など面倒な手続きは一切ございません。但し、必要な書類を準備していただきます。助成金の申請に必要な書類の作成して窓口に申請の代行をします。 お客様は助成金の申請をすることはなくなるため本業に専念できるメリットがあります。

(STEP4)審査
申請書類と添付書類を提出すると、その申請書類に間違いがないか不備がないか行政にて審査に入ります。申請書類に間違いがあると訂正があったり添付書類に漏れがあると追加で提出するように指摘されます。

(STEP5)審査パス  ※ここまで無料です
申請書類に間違いがいなく不備等がない場合には助成金をもらうことができます。 そのときに支給決定通知書が会社宛に送られます。 逆に審査が通らなかったら不支給決定通知書が会社宛に送られます。

(STEP6)助成金の振込
支給決定通知書が届いた後から数週間以内にお客様が指定した口座に助成金が振り込まれます。なお助成金が振り込まれていても、後で不正受給したと判明した場合には助成金の返還とあわせて悪質ならば逮捕されるケースもあります。

(STEP7)ご請求
受給助成金金額の15~25%の範囲で当事務所より請求させていただきます。 なお、不支給の場合請求することは一切ございませんのでご安心ください。

対象エリア
主に広島市・東広島市周辺の中小企業様に特化して助成金申請等を対応しております。 製造業・サービス業・情報通信・小売業等業種を問いません。個人事業主の方も
ご相談がございましたら即対応いたします。
単発のご相談や定期的なご相談に早く、確実に、分かりやすく対応します。また、助成金申請以外にも労働基準監督署の調査対策、退社・解雇時のトラブル対応、従業員の定着率が悪いなどお困りの経営者様・人事担当者様からのメールをお待ちしております。

受託顧客:総合病院、医科クリニック、歯科クリニック、製造業、飲食業、クリーニング業、自動車整備業など
                                                        
当事務所スタッフが丁寧にご案内します。
082-430-8233
受付時間:月~金 9:00~18:00
お気軽にご連絡ください。相談は無料です。
メールでのご相談はこちら
対応エリア:
広島市、東広島市、安芸区その周辺エリア


サポートエリア
広島市(中区、西区、南区、東区、安芸区)、東広島市、その周辺エリア

 

Copyright 2008-2018 社会保険労務士 坪島. All Rights Reserved