人事評価制度を作成するともらえる助成金

Q受給できる助成金の受給額は? 
人事評価制度整備助成 50万円 目標達成助成 80万円(1年後) 最大130万円受給可能
目標達成とは、生産性要件クリア(生産性6%アップなど)と離職者現状維持)
 
Qおすすめ企業
1人の社員でも申請可能な助成金です。個人事業主も可能です。ただ、デメリットとして要件に毎月支払う賃金2%アップがあります。いずれにしも、人事評価制度導入を検討している中小企業におすすめの助成金です。
 
Qどのような助成金?    
人事評価制度や賃金制度を整備したことで、生産性の向上や賃金がアップしたときもらえます

Q受給する為の要件は?   
・雇用保険に加入していること  
・人事評価等整備計画を提出し、認定された計画に基づき人事評価制度を整備し実施すること
・制度・賃金額について従業員代表者と合意していること
・評価の対象が明確で従業員に開示していること・評価が年一回以上実施されること
・人事評価に基づく評定と、賃金変動の関係が明確であること
・賃金表を定めていること・人事評価の実施日の前月の賃金(残業除く)×1.02<1年後の賃金(残業除く)
※2%以上アップさせる…各対象スタッフごとに2%以上アップさせる必要はありません。
  対象社員全員の賃金総額に対して2%以上アップしていればクリアできます。
   (例)毎月の対象社員4人の給与支払総額(残業代除く)が100万円の場合
     1ヶ月あたり4人で2万円分昇給する必要があります。
     1人平均5000円です。ここが一番ネックになってくるポイントかもしれません。
※実施日…人事評価制度を整備した就業規則の施行日です。(施行日の定めがない場合労働局への届出日)
 
Q手続き
・人事評価等を整備する1か月前の前日まで
例)5月に人事評価整備した就業規則等を届出した場合、計画は3月末までに届出すること
(5月実施。5/1まで遡り、そこから1か月前の前日は3月末)

・初回申請書類
人事評価制度等整備計画書
概要票
賃金アップ計算書
様式3
事業所確認票
変更前就業規則、変更後就業規則
離職証明書または資格喪失確認通知書(計画時の離職率算出のため)