院長っ!これ説明できますか?

先日、広島市の歯科医院の職員と個別面談をしました。

「長く働いている私たちと入社半年のAさんの賞与や昇給の額が同じなのはおかしくないでしょうか?
 新人のAさんも同じ額をいただくのは、気が引けると言っているんですけど、この件についてどう
 思われますか?」

突然、そのような質問がありました。
ちょうど、その時期に賃金制度や評価制度の仕組みの改革に着手していたので、その旨を説明した
ら、わりとすんなりと納得していただけました。

どんなに口止めしたところで職員同士は、各個人の給与や賞与のことを話しています。
具体的な金額を言わなくても、前年と比較していくらぐらい増えたのか減ったのか確認しています。
なかには、求人誌や職安に掲載されている自院の条件をチェックしていて、今の自分より待遇が
良くなっていないか確認する職員さんもいらっしゃいます。

今回の賞与や昇給がなぜこの金額なのかと聞かれたときに、きちんと即答する必要があります。
即答できなければ、院長に対する不信感につながります。
額が同じにしろ、違っているにしろ、どういう基準で支給しているのかという根拠が必要です。

その根拠の1つとして、人事評価シートや賃金等級表があります。
何も作っていない歯科医院や医療クリニックさんは一度導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 問い合わせ

お気軽にご連絡ください。
メールでのご相談は
こちら
対応エリア:広島市、東広島市、安芸区、その周辺エリア


 小冊子 無料プレゼント中




社会保険労務士が本当は教えたくなかった就業規則の作り方』

※広島県内に本社のある企業様、医療機関の担当者様限定に就業規則作成の参考となる小冊子を郵送にて無料進呈します!毎月1社まで

 
→お申し込みはこちら