働き方改革 プロジェクト

働き方改革をきっかけに会社の課題を解決しましょう!

今、超人材不足時代となっていますが、今回はそれに労働力人口の減少というわが国の構造的な問題が加わっています。

助成金を有効活用してコストをかけずに働き方改革を実現していきましょう!
 

課題1 人材不足


安定的な人材の採用・定着・育成が企業存続の条件に
 
今後は安定的な人材の確保と育成が企業存続のための絶対条件となっています。それを実現するためのポイントの人材定着のため当事務所では以下の支援をしています。
①ハラスメントなど安心して働くことができない環境の撲滅・メンター導入⇒助成金活用可能
②期待される役割が明確にされ、効果的に人材育成が進む環境(キャリアパスの明示・教育研修・スキルアップ支援)⇒助成金活用可能
③分かりやすい人事評価が行われ、効果的にフィードバックされる環境 ⇒助成金活用可能 
④職務内容や貢献度の高さに基づいた適切な賃金の支払い(賃金テーブル整備) ⇒助成金活用可能  

課題2 生産性向上・業務効率化


ITや設備投資による生産性向上・業務効率化に

POSレジ導入費用、店舗改修費、ホームページ、出退勤管理のソフトウェア導入・更新費用、専門家による業務効率化指導、生産工程の自動化・省力化等、労働時間短縮や生産性向上に助成金を活用できます。当事務所でご提案と手続き代行をしています。

課題3 魅力ある職場づくり


魅力ある職場づくりが企業存続の条件
魅力ある職場づくりは、従業員の意欲向上、業績向上・生産性向上、人材確保に不可欠です。企業存続のための絶対条件となっています。それを実現するためのポイントとして当事務所では以下のような支援をしています。

①長時間労働や休日出勤を前提とした働き方からの脱却・インターバル導入⇒助成金活用可能
②現場状況を考慮した有給休暇取得推進、特別休暇アニバーサリー休暇、配偶者出産休暇⇒助成金活用可能
③福利厚生の充実、人間ドック・法定外健康診断の導入 ⇒助成金活用可能
④育児や介護などの両立や多様な働き方(短時間正社員)の実現 ⇒助成金活用可能