中小企業子育て助成金


 どんな助成金?                                                
 
  労働者が安心して出産し、働きながら子育てをする条件を実現するた
  め、育児休業取得、短時間勤務の適用者が初めて出たとき



 受給要件                                                

  次のいずれにも該当すること

 ●常時雇用する労働者の数が100人以下であること

 ●一般事業主行動計画表を都道府県労働局に届け出ていること

 ●対象となる以下の要件を満たす労働者が出たこと
  ・平成18年4月1日以降、初めて1歳までの子を養育するため6ヶ月
   以上の育児休業(労働者に産後休業した期間があり、かつ、産後
   休業の終了後、引き続き育児休業した場合には、産後休業を含め
   6ヶ月以上)を取得し、職場復帰後6ヶ月以上継続して雇用されて
   いること
  ・平成18年4月1日以降、3歳未満の子について6ヶ月以上の次の
   いずれかの短時間勤務制度を利用したこと
        ①1日の所定労働時間を短縮する制度
        ②週又は月の所定労働時間を短くする制度
        ③週又は月の所定労働日数を短くする制度

 ●対象となる育児休業取得者を出産日までに、雇用保険の被保険者
  として1年以上継続して雇用していたこと

 ●対象となる短時間勤務適用者については、短時間勤務適用開始まで
  雇用保険の一般被保険者として1年以上継続して雇用していたこと



 給付内容の概要                                           

育児休業取得者、短時間勤務適用者のいずれかの対象者が初めて出た
場合、5人目まで次の額を支給します。



対象労働者

対象制度

利用時間

支給額

1人目 

 

 

育児休業

100万円

短時間勤務 

 

  6ヶ月以上1年以下

60万円

  1年超 2年以下

80万円

  2年超

100万円

2人目から5人目 

 

 

育児休業

80万円(60万円)

短時間勤務 

 

  6ヶ月以上1年以下

40万円(20万円)

  1年超 2年以下

60万円(40万円)

  2年超

80万円(60万円)


※平成18年度~平成21年2月5日のの間で支給要件を満たしたもの
  は( )内の数字になります。

 手続き                                                  

     どこへ             

       21世紀職業財団地方事務所

    何を(書類)

       支給申請書等      

    いつまでに       要件を満たす労働者が出た日の翌日から
       起算して3ヶ月以内



 中小企業子育て支援助成金 Q&A                              

Q.従業員が育児休業を取得している期間中は、会社が賃金を支払わ
    なければいけないのですか?

A.
育児休業の期間についての賃金は、労働基準法に有給・無給の
  規定がないので、賃金を支払うか否かは労働協約や就業規則の
  定めにより決まります。        就業規則については
こちら




Q.当社の就業規則では、育児休業期間中は無給となっています。
  その間の生活を考えると少し不憫なのですが…。

A.従業員が育児休業を取得するとき、ハローワークに申請し、一定
  の要件に該当すれば、育児休業期間(子が1歳に達する日まで)
  育児休業基本給付金が支給されます。休業前賃金の30%相当
  額が本人に支給されます。また、職場復帰後、一定の要件に該当
  すれば育児休業者職場復帰給付金が一時金としてまとめて支払
   われます。



Q.従業員が育児休業を取得している期間中は、会社が社会保険料
   を支払い続けなければならないのですか?

A.育児休業取得中の被保険者が、事業主を通して社会保険事務所
    に申し出をした場合には、社会保険料の本人負担分及び事業主
    負担分が免除されます。「免除申出書」を提出することをオススメ
  します。


 
㈱TKサービス広島トップページへ












  



 

 マネジメント

  労働基準監督署調査 


  就業規則・賃金規定の作成


  人事評価制度構築


  助成金

 マーケティング

  医業収益UP(医科・歯科)


  職員モチベーションUP(医科・歯科)


  お客様の声

 問い合わせ

お気軽にご連絡ください。
メールでのご相談は
こちら
対応エリア:広島市、東広島市、安芸区、廿日市その周辺エリア


 小冊子 無料プレゼント中




社会保険労務士が本当は教えたくなかった就業規則の作り方』

※広島県内に本社のある企業様、医療機関の担当者様限定に就業規則作成の参考となる小冊子を郵送にて無料進呈します!毎月1社まで

 
→お申し込みはこちら