当事務所がお客様に指示される5つの理由 その1
 
1.中小企業に特化したサービスの提供…当事務所は中小企業に特化しキャリアがあります。 中小企業の経営者様とお仕事をさせていただいて9年目(平成30年時点)になります。中小企業を対象とした、当事務所オリジナルのメソッド「就業規則」「人事評価制度」を使って社長が目指すビジョンの実現をサポートいたします。 
 なお、当事務所では従業員の雇い入れ前に筆記試験の実施を推奨しています。  一般常識を問う問題だけではなく、会社の方針(勤務時間に対する考え方、身だしなみ、患者対応、会議の運営など)やシチュエーション問題も含めています。 売り手市場のため採用難ですが、誰でも採用すれば良いというわけではありません。賃金だけ主張してくる従業員を何人も採用するケースもあります。 採用が決まった後は労働条件通知書の取り交わしを推奨しています。法律的には、書面で通知するだけでOKなのですが、さらに従業員から自筆のサインをもらうようにアドバイスしています。双方に錯誤が生じたときに自筆のサインがしてある契約書を見せれば、ある程度の問題はおさまります。また、新入社員や中途社員に、労働条件通知書とは別に就業規則の説明や人事評価シートを見ていただき、会社が求める人物像を確認していただきます。これから働く職場はキチンと管理されているという印象を与えることができます。 そして、雇入れするときこそ、会社の方針を伝える絶好のチャンスです。事前に伝えておけば、入社後聞いていないと誤解が生じるのを避けることができます。  前職でトラブルの有無を確認するため退職証明書(懲戒処分の有無がはっきり分かります)の提出を求めることも可能です。また、同時に就業規則の内容も周知して、当社ではあなたに将来(3年後、5年後)このような人材になって活躍してほしいとメッセージを伝えるとより効果的です。