医院経営を成功に導く 9つの医療労務管理・実践テクニック 就業規則編

目次 はじめに

◆実は残業代をキチンと払っていなかった!?

◆辞めてほしい職員がいるが、なかなか言えなくて

◆休みがち(精神疾患)の職員にどう対応したら…

◆まとめて10日有給が欲しいと言ってきたら

◆ダラダラ残業を減らす為のテクニックとは?

◆身だしなみに問題がある職員にどう対応するか?

◆求人難でなかなか応募が無い

◆職員(医師など)に近隣で独立されたら…

◆退職した職員からいきなり退職金を請求されたら

医療関係の労務管理コンサルに特化した社会保険労務士が、今回初めて労務管理に関するテクニックを公開します!!あなたは、こんな間違いをしていませんか?

☑労務関係は詳しくないし、今まで大きなトラブルが無かったのでこれからも特に何もしなくても問題は起きないだろうと考えている

☑就業規則なんて結局どれも同じだと思っている

☑就業規則があるとクリニックが縛られると思っている

また、職員から「有給がろくにとれない」「休憩中も働いているのに残業がつかない」「代休が無い」などと言われたことはありませんか?1つでも当てはまれば、ぜひ小冊子をご覧いただき、「どうしたら院長の不安が無くなる医院経営できるのか?」ご確認ください。そして、すぐ実践できるテクニックを手に入れて下さい。この特別小冊子は、院長の思いや考えを反映させた就業規則作成のポイントをご紹介しています。今すぐメールにてお申し込み下さい。