マイナンバー

 
平成27年10月から国民1人1人にマイナンバー(12桁の個人番号) が割り当てられ、平成28年1月
 から社会保険・
税の手続きでマイ ナンバーの使用がはじまります。

Qマイナンバーとは何?  
 国民1人1人に割り当てられる社会保障番号のことです。  番号制度に関する法律(マイ

 ナンバー法)の所管は内閣府です。
 
Qマイナンバー通知の流れは?
 通知は、市区町村から、原則として住民票に登録されている住所あてにマイナンバーが記載された
  「通知カード」を送
ることによって行われます。 平成27年10月5日時点で住民票に登録されている住
  所に郵送されます。
 郵送方法は、
簡易書留により送付されるため、本人が不在の場合なかなか受け取れないという事態
  が発生します。なお郵便物を転送している場合ですが、通知カード送付の簡易書留は転送不要となっ
  ており、現住所に個人通知カードが転送されることはありません。簡易書留の配
達期間は原則配達日
  後の7日までです。ただ、ポストに不在票が入っているので表示されている11桁の番号を配達
支店の
  担当に連絡して伝えておくことが大事です。

Q何のためにマイナンバーを導入するのか?  
 行政の事務処理効率化のため  公平・公正な社会の実現のため
 (税等の負担を免れたり、給付の
  不正受給を防止したり、本当に困っている人にきめ細かな支援をするため)

Qどういうときにマイナンバーを使うのか?  
 平成28年1月から使用が開始します。  雇用保険・社会保険の資格取
 得喪失の手続き時や源泉徴収
  票に記載されます。