優秀な職員が辞める!?

以前、歯科医院の院長から職員の離職について相談を受けました。

育児と仕事の両立がきつくて優秀な職員(歯科衛生士)が辞めていくというものでした。

優秀な職員が辞めると、その人しかできない業務もあり、現場は混乱します。

対策として職員の意識調査です。 なぜ辞めるのかを把握すべきです。

まずはアンケートを取るべきではないかと思います。

アンケートの結果
残業が長くて仕事と家庭(育児や家事)の両立がキツイというのであれば
①所定外労働の原因の分析等を行う
②院長・管理職を対象とした意識改革のための研修を実施
③院内広報誌等による社員への周知
④各部署における問題点の検討及び研修の実施
目標として平成  年  月までに、従業員全員の所定外労働時間を、1人当たり年間  時間未満とする。 

院内でとりまとめたものを下記の手順で手続きすれば、マークの使用が許可されます。
求人のとき、女性(看護士や歯科衛生士)に対してアピールできます。

両立支援ひろばに掲載して周知する・自社のホームページ掲載
労働基準監督署に提出する
広島県に家庭と仕事両立支援企業として登録 広島県のホームページ掲載
両立支援マーク使用OK

 問い合わせ

お気軽にご連絡ください。
メールでのご相談は
こちら
対応エリア:広島市、東広島市、安芸区、その周辺エリア


 小冊子 無料プレゼント中




社会保険労務士が本当は教えたくなかった就業規則の作り方』

※広島県内に本社のある企業様、医療機関の担当者様限定に就業規則作成の参考となる小冊子を郵送にて無料進呈します!毎月1社まで

 
→お申し込みはこちら