職員モチベーションUP(医科・歯科)


  職員のモチベーションUPにつながる教育とは

先日、市内の飲食店にて日替わり定食を注文して待っていると、少し離れた隣の席から
「いいからよく噛んで食べなさい。」
母親(30代ぐらい)が子供(5歳ぐらい)に注意している声が聞こえてきました。
何度も繰り返しよく噛みなさいと注意しているので、他人の子供ながら気の毒に思っていると‥

“あっ、この母親もよく噛まずに食べてる!”

はっと気付きました。 こういうケースは、院内でもよくありますよね。院長がかっとなって職員
を注意するんだけど、職員は心の中でこう思っているわけです。

“院長だってこの間同じことやったのに。 言い返すと帰るのが遅くなるから、我慢するしかないか。”

もちろん人は誰しも自分自身のことを客観的に見れないので、現場ではたびたびこのような事態が
起こっているわけです。
じゃあ、どうしろというのか?
まず、やり方を変えてみてはいかがでしょう?

母親と子供のケースを例にとると
×よく噛んで食べなさい。   ⇒ 〇 15回噛んでから飲み込みなさい。
具体的な数字を言えば、イメージがつくのではないでしょうか?

その後、実際に15回噛んで飲み込むところを子供の前にお手本として見せてあげる。
そして、子供にやらせてみる。 うまくできたら褒めてあげる。
できなかったらアドバイスをする。
この繰り返しです。  これを定着するまで続けることです。

あと、なぜそうする必要があるのか理由を伝えることも大切です。これが無いといくら教えても定着
しません。
上の例だと

「よく噛まないと、ご飯がちゃんと消化できなくてお腹をこわすから、よく噛んで食べようね



ここがポイントになってきます。
この部分が徹底されていれば、職員のモチベーションUPにつながる教育の第1歩になります。














 

 

 問い合わせ

お気軽にご連絡ください。
メールでのご相談は
こちら
対応エリア:広島市、東広島市、安芸区、その周辺エリア


 小冊子 無料プレゼント中




社会保険労務士が本当は教えたくなかった就業規則の作り方』

※広島県内に本社のある企業様、医療機関の担当者様限定に就業規則作成の参考となる小冊子を郵送にて無料進呈します!毎月1社まで

 
→お申し込みはこちら