歯科治療にポイント

歯科医院で治療を受けると、商品券などと交換可能なポイントがもらえる仕組みが広がっている。
患者にポイントを与えることで実質的な値引き競争につながり、全国で一律であるはずの医療の
価格に差ができ、質の格差も生まれかねない。厚生労働省も、対策を慎重に検討している。
患者はアンケート(治療や設備の満足度6問)に回答すると、治療内容に応じて100円~1万円
相当のポイントをもらえます。
歯科医院は支払った金額を取り戻すために不必要な治療をして医療費の無駄につながる恐れが
指摘されている。                                   (朝日新聞 26.1.7)

歯科医院は全国に約6万9千件もあり、コンビニよりも2万件多くあるので当然、患者獲得競争が激化
していきますよね。
医療は非営利だという人もいるかもしれませんが、そんな悠長なこと言ってると、つぶれていくこと
になります。
患者集めは、やはり、他の歯科と差別化を図ることが第一でないかと思います。あそこでないと受
けることができない治療や特別なサービスを確立していくことです。

そうしないと今回のように価格(ポイント値引き)だけで競争していくことにつながります。