労務アドバイス 事例2 『社会保険事務 調査』 (医療機関)


先日、社会保険事務の総合調査に立ち会ってきました。

担当者の話では3~4年ごとに定期的に調査をしているとのことです。

持参する書類として過去2年分の

□賃金台帳

□出勤簿

□労働者名簿

□雇用契約書

□就業規則、賃金規定

□社会保険関係諸届の確認通知書の綴り

□源泉所得税の直近の領収書


全従業員が対象(パートアルバイト含む)とのことなので、会社規模によってはかなりの量
の書類に
なると思います。


さて、担当者から簡単な自己紹介がありました。(2名体制 男性1・女性1)


事業所名、住所、事業内容等の確認、アンケート内容のチェック

役員の有無・勤務形態のチェック 


非常勤役員の有無・扱いについての確認

全従業員の賃金台帳(過去2年分)のチェックを2名で確認していました。

時間にして30分~1時間程度です。


何人かの従業員について質問がありましたが、適切に回答し、不備なく

調査終了しました。


非常勤役員の取り扱いについては注意が必要です。

※①毎月、1日でも定期的に会社に出社していて特定の業務に従事している
  ⇒社会保険加入の可能性あり
  ②役員の会議に参加し、経営に深く関与している
  ⇒社会保険の加入の可能性あり
  ③社会保険 月額算定基礎届 総括表附表 
   被保険者となっていない人の内訳記入欄の役員・嘱託等の記入は要注意

※なお、個人事業主の専従者の場合は、週30時間以上勤務しても社会保険の適用除外

 マネジメント

  労働基準監督署調査 


  就業規則・賃金規定の作成


  人事評価制度構築


  助成金

 マーケティング

  医業収益UP(医科・歯科)


  職員モチベーションUP(医科・歯科)


  お客様の声

 問い合わせ

お気軽にご連絡ください。
メールでのご相談は
こちら
対応エリア:広島市、東広島市、安芸区、廿日市その周辺エリア


 小冊子 無料プレゼント中




社会保険労務士が本当は教えたくなかった就業規則の作り方』

※広島県内に本社のある企業様、医療機関の担当者様限定に就業規則作成の参考となる小冊子を郵送にて無料進呈します!毎月1社まで

 
→お申し込みはこちら